老健施設とは

  誤解を恐れずに言うと「医師のいる老人ホーム」であり、病状が安定していて入院治療する必要のないご高齢者の方々に、リハビリ・看護・介護を行い、医学的管理のもとで在宅復帰を実現しご家庭で生活できるように支援する施設です。そして、在宅復帰後も通所していただくことにより積極的に支援を行います。

最新情報ヴァル・ド・グラスくじゅうの最新情報お伝えいたします。

私たちが目指すもの
 現在、地域医療・包括ケア計画といった一体的な連携が求められています。
 社会医療法人社団 大久保病院は、今までに地域が求める医療・介護を展開し、 現在、9事業所となっていますが、今後は医療のすみ分けがさらに進み、 ご利用者様、一人一人の計画が事業所単位ではなく、 地域単位で共有されていくとになっています。

そこで、高齢化率40%の地域でご利用者様が健康に老後を楽しんでいくために、目指すべき柱は、

  1. 当施設を通過し、医療・在宅サービス・通所サービスを活用し健康年齢を伸ばす
  2. 当施設を通過し、周辺地域や在宅資源を活用しながら、終末を迎える
  3. 当施設を通過し、在宅に代わる施設を活用し、健康年齢を伸ばす

そして、ヴァル・ド・グラスくじゅうは地域の情報発信地となり、

地域行事や文化の継承、出向く保健・医療・介護の展開をし、

地域の方々に施設行事へのご案内や運営にボランティアとして関わらせていただき、

職員もそこに加わっていきます。

ヴァル・ド・グラスくじゅう

大分県老人保健施設協会

全国老人保健施設協会

全日本病院協会

大分県病院協会